トップページ > 注文住宅 > 長期優良住宅

 

「長期優良住宅」とは、「つくっては壊す」というフロー消費型の社会から「いいものをつくって、 きちんと手入れして、長く大切に使う」というストック型社会への転換を図るため、 2009年6月施行された「長期優良住宅普及促進法」に基づき認定される「長期にわたって良好な状態で循環利用できる質の高い住宅のこと」です。


背景には日本の住宅寿命の短さがあるといえます。国土交通省によると、日本の住宅は平均で築後約30年で取り壊され、英国の約77年、米国の約55年などと比べて短くなっているため、 「長期優良住宅」を促進することで、住宅寿命を延ばし、住宅費の負担を減すとともに、建物の資産価値を維持し、中古市場の活性化を図ることが目的とされています。 国としても、長期優良住宅の普及促進のため、税金の優遇などを実施するほか、さまざまな特典・メリットを政策的にもうけています。


現在オーワンコーポレーションでは、【長期優良住宅】の設計・建築を推奨しております。国の政策の一環である【長期優良住宅】では、【住宅ローンや固定資産税、不動産所得税などの減税措置・住宅金融支援機構のローン制度の優遇】といった税制優遇のメリットがありますので、マイホームのご購入をお考えの方は、ぜひこの機会をお見逃しなく!