京都でグランピングを楽しめる屋上グランピングテラス付き木造住宅|SKY ONE

「人生にプラスワンの贅沢を」をコンセプトに生み出された、
日本初の木造住宅用の屋上グランピングテラス。

誰もが憧れる悠久の街「京都」の眺望を手に入れられる屋上グランピングテラスで、
お気に入りの音楽と本を用意して1人でほっと一息ついたり、週末の朝ごはんを家族と一緒にピクニック気分で楽しんだり、
友人を呼んで京都の夜景を見ながらBBQパーティをしてみたり、
屋上グランピングテラスが新しいライフスタイルをもたらしてくれます。

遠出しなくても、大金を用意しなくても空を独り占めできる贅沢。それが「屋上グランピングテラス」。

屋上グランピングの醍醐味は、なんといってもプライベートな空間を持てる事。
家族や友人、仲間を呼んで週末は屋上でバーベキューや、青空の下でみんなでランチタイムを楽しめます!
グランピングテラスならではの開放感が日常の疲れを癒してくれます。

 

 

 

屋上にいながらリビングにいるかのような快適な寛ぎスペースが作れるのも、屋上グランピングの魅力の1つ。
周りの目を気にすること無く、京都の空を見上げながら思う存分のんびりするのも、屋上グランピングだからできる、寛ぎの時間です。

細い道や交通量の多い道が多い京都では、なかなかお子様を自由にお外で遊ばせることが難しいのが現状です。
太陽の下で思いっきり遊ばせてあげたいという親心をかなえられるのも、屋上グランピングの大きなメリットです。

 

子どもと遊んだり、一人で寛いだり、仲間と過ごしたり、お客様の数だけ、屋上グランピングの楽しみ方があります。
ここでは、当社で施工させていただいたお客様を、屋上とともにご紹介させていただきます。

京都 O様邸
グランピングテーマ 「本気で遊べる屋上ライフ」

大阪 S様邸
グランピングテーマ 「人生を楽しむ男の城」

京都 S様邸
グランピングテーマ 「仲間が集う場所」

京都 N様邸
グランピングテーマ 「雪の伏見桃山城」

「家で過ごす時間がいちばん好きになった。」パーゴラや家具、間接照明のある一番ラグジュアリーなプラン。

「ここに来たらみんな驚くだろうな。」広い空間とパーゴラのある自由な発想で楽しめるプラン。

「週末はパパも一緒にピクニックしようか。」日よけタープのあるポーチが主役のプラン。

 

屋上グランピングライフを楽しくする、サンデンファニチャー様のアイテムも豊富にご用意いたしております!

デザインにこだわり、耐久性があり、メンテナンスが簡単で、なおかつ価格が安いと、大好評のアイテムです。

チェアー & ソファー

サルバドール
ダイニングチェア

サンルイス
ダイニングチェア

サンパウロ
カウンターチェア

サンパウロ
ガーデンベンチ

イパネマ
ハンギングチェア

サントス コーナー

サントス センター

サントス オットマン

サントス ダブル

サントス シングル

サンパウロ シングル

サンパウロ コーナー

サンパウロ センター

サンパウロ オットマン

イパネマシングル

イパネマダブル

店主の気まぐれ
Single

店主の気まぐれ
Double

サルバドール シングル

サルバドール コーナー

サンルイス シングル

サンルイス トリプル

テーブル & ガーデンシンク

サンパウロ
ガラステーブル

サンパウロ 
バーカウンター

イパネマ
テーブル

店主の気まぐれ
Table

サルバドール
テーブル

サルバドール
ダイニングテーブル

サンルイス
ダイニングテーブル

サンルイス
ガラステーブル

イパネマ
サイドテーブル

サントス
テーブル

サンパウロ
サイドテーブル

サンパウロ
ウッドテーブル

サンパウロ
カウンターシンク

ベッド & パラソル

サルバドール
サークルベッド

サルバドール
ウェーブベッド

サンパウロ
デイベッド

スクエアパラソル

サークルパラソル

パラソルベース

ガーデンポット(プランター)

プランター

プランター

プランター

プランター

プランター

2016年3月時点で、全国で5,500世帯を超えました。

3つの課題(勾配・面積・防水技術)が解決したからです。

課題1)

これまで、住宅瑕疵担保責任保険では、陸屋根は1/50以上の急勾配があるものを対象としており屋上の利用が難しかったのですが、平成20年度以降、排水勾配が1/100以上あれば施工可能となりました。

財団法人住宅保証機構「まもりすまい保険設計施工基準・同解説」P32より
(2)バルコニー及び陸屋根の排水勾配【第8条1項】
「バルコニーの床面」および「陸屋根の屋根面」(以下、本条において「床面等」という)は、室内へ雨水を侵入させないため、原則として1/50以上の排水勾配を設けることとし、勾配は排水溝またはドレンに向かう方向とすること。
なお、「ただし書」において、「防水材製造者の施工基準によること」を可能としている。例えば、製造者ごとに「合板等を二層張りとする下地の仕様」や「勾 配付き断熱材による勾配の精度確保」などにより、排水勾配を1/100以上としている例がある。ただし、製造者基準による場合は、届出事業者から保険申込 窓口へ、該当する製造者基準の写しを提出していただく必要がある。

課題2)
同様に住宅瑕疵担保責任保険では、10m2までの屋上バルコニーしか認められていませんでしたが、これも同じく平成20年度より施工m2数の規制は全て撤廃され広い屋上空間が施工可能となりました。

財団法人住宅保証機構「まもりすまい保険設計施工基準・同解説」P32より
(5)バルコニー・陸屋根の面積について
バルコニーや陸屋根の面積制限はない。住宅性能保証制度(平成16年版設計施工基準適用においては、ルーフバルコニー(一部でもバルコニー下部に室内部分があるもの)に対して「原則として10m2以内、追加仕様を遵守したものについては20m2以内」という取り扱いをしていたが、まもりすまい保険(平成20年版基準適用以降)は、その取扱いを撤廃している。なお、排水ドレインの径や数は、速やかに雨水等を排水させるため、建設地における降水量の記録やバルコニー・屋根面積に応じた、適切なものとする必要がある。

課題3)
従来、木造住宅での防水技術面で課題がありましたが、防水の材料供給メーカーのご協力により、木造住宅屋上用の新しい防水工法を提供頂きました。既存の木造住宅において普及している防水は1層のFRP防水のみであるのに対して、スカイワンでは木造の特性である「揺れ・たわみ」に強い金属板の成形物の防水を採用しており、雨漏りの心配はなくなりました。

標準搭載の家具などの変更はお受けしておりませんが、新築時に採用可能なオプションアイテムをご用意しております。
また、ご購入後に追加の家具などを専用オンラインショップでご購入いただくことも可能です。
基本的には木造住宅の新築時のご採用となります。
採用している家具や床材などはもともと高品質で劣化しにくいものですが、使用方法を限定できないため保証はしておりません。ご了承ください。
平均で60kg/m2以下の軽量工法なので安心です。(ちなみに、瓦を葺くとその重さは30〜200kg/m2)
ただし、竣工後の屋上で、土壌や家具などの追加をする場合は検討が必要です。
屋根でも屋上でも屋根裏の構造はほとんど変わらないので、屋上にすることで2Fの居室が暑くなることはありません。 また、舗装材は防水層との間に空気層があるので、屋上面が直接熱せられるのを防ぎます。
ご安心ください。(木造住宅の構造に配慮した金属防水を採用しています)
スカイワンでは「金属防水」を採用しています。これは、金属屋根と同じ原理によるものです。木造で一般的な塗り物の防水との大きな違いは、建物と独立しており木造特有の下地の動きによる影響を受けにくいことです。
また、瑕疵保証履行法により平成20年度から施工に厳しい制限が設けられています。もともと安全な工法ですが、より防水の効果を発揮する施工条件に変わっています。
防水の雨漏りに対する保証は標準で10年です。
屋根の防水保証と同じ期間の保証がございます。さらに、保証期間の延長を希望される場合は、保証期限の6ヶ月〜2ヶ月前にご依頼いただければ、有償の所定の点検をしたのち問題がなければ、「10年延長保証登録書」を発行いたします。
必要ありません。メンテナンスフリーの工法です。
保証延長のための点検などで問題が見つかった場合以外は、メンテナンスは必要ありません。
※側溝および排水口の掃除は必ず行って下さい。
集中豪雨時の雨量にも対応する排水設備を設置しています。
金属屋根と同じ性能の金属防水を使用しているので心配ありません。
また、200mm/hの降雨速度を記録した場合にも充分に対応できる排水管を設置しております。
さらに万が一のためのオーバーフロー管も設置しています。
※側溝および排水口の掃除を必ず行って下さい。
※台風時は家具等の風対策を行う必要があります。

積雪地域では雪の荷重を考慮した構造で家を建てますので、同じように施工できます。
ただし、積雪量や地域特性によって、特別な仕様が必要になる場合があります。
寒冷地では、縦樋の凍結による影響を防ぐための以下の対策を行っています。

@唐草仕様
水下側の壁一面の足元に10cm程の隙間をつくることで、排水を直接屋外に出す仕様です。

A無落雪仕様
縦樋が直接外気にさらされないよう設置することで、凍結を防ぐ仕様です。

心配ありません。(ただし使用法にご注意下さい。)
タイル舗装の上で、バーベキューコンロを安全にご使用していただいている限り大丈夫です。
また、使用している防水は、不燃認定を取得しています。
ただし、木造住宅の屋上ですので、残り火は必ず消火確認をお願いします。
またタイルの隙間に火種が落ちていることもありますのでご注意ください。

※引き渡しの際にお渡ししています「取扱説明書」をご覧の上、安全にご使用下さい。
※タイルなどの舗装材をはがして防水層の直上でのご使用は危険です。絶対に行わないで下さい。
※タイルの上でも焚き火やキャンプファイヤー、花火は危険です。絶対に行わないで下さい。

「ホームページでは、屋上の良さやグランピングの楽しさがなかなか分かりづらいな〜。」というご家族様は、
実際の屋上を見て体感いただくイベント【グランピングFESTA】へのご参加はいかがですか?
屋上の良さは実際に屋上に上がって見て感じていただくのが一番わかりやすいのです!

グランピングFESTAへの体験予約は、下のフォームから受け付けております。
後ほど弊社担当者より折り返しご連絡いたしますので、その連絡が届いた時点で予約完了とさせていただきます。

お客様氏名*
年齢*
同居予定のご家族数*
現在のお住まい*

一戸建て持家   分譲マンション   賃貸一戸建て 

賃貸マンション   賃貸アパート   社宅

その他

第1見学希望日*

※水曜日以外の日付を入力して下さい。

見学希望時間*
第2見学希望日*

※水曜日以外の日付を入力して下さい。

見学希望時間*
第3見学希望日*

※水曜日以外の日付を入力して下さい。

見学希望時間*
郵便番号
住所*
電話番号
メールアドレス*
確認用メールアドレス*
送信確認* 上記送信内容を確認したらチェックを入れてください

*は必須項目です。